résumé 1970-2016

2005年 08月 13日 ( 1 )




つきゆきはな

すれ違った夏の一日
年月流れて
ふたたび交差した雪のある日
予感に慄き
惹き合うまま見つめた花の春
めぐりめぐり
ともに杯傾ける二度目の夏の宵月

春暮れて 仲夏越え
清夏過ぎゆき 秋月を待つ
はつ秋に胸ふくらませ
四季のめぐりの愛しさに
ながめては涙する
折折に深まりゆく雪月花
[PR]



by murasakitsukumo | 2005-08-13 02:10 |

L'ame aussi,si elle veut se reconnaitre, devra regarder une ame (Platon)
by murasakitsukumo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りリンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧