résumé 1970-2016

054:首(紫月雲)

言葉には尽くしきれない妄念を湛えたままの斬首の睫毛
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-29 23:09 | 題詠ブログ2009

053:妊娠(紫月雲)

決定論を腕に抱きつ妊娠を告げる天使が堕ちてゆく夏
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-29 22:43 | 題詠ブログ2009

052:縄(紫月雲)

できるだけ裸。の信条ぶらさげて縄文人のごとき自由を
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-29 21:53 | 題詠ブログ2009

051:言い訳(紫月雲)

言い訳の言い訳すれば薄紅のくちびるだけが巨大になりぬ
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-29 21:30 | 題詠ブログ2009

050:災(紫月雲)

災いは冷えたつま先から来たりクロモジの香の湯に足放つ
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-27 12:17 | 題詠ブログ2009

049:ソムリエ(紫月雲)

サロンなどどうでもよくてソムリエの指の角度に見惚れておれり
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-27 12:04 | 題詠ブログ2009

048:逢(紫月雲)

浅はかにたつたひとつの逢瀬とは知らずに過ぐる人と人とは
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-25 22:32 | 題詠ブログ2009

047:警(紫月雲)

警戒を解いたつもりの歳月の果てにふたたび二重扉を
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-25 22:26 | 題詠ブログ2009

046:常識(紫月雲)

しゃんとしてりんとすみたるまごころに冷たく刺さる常識の文字
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-25 22:21 | 題詠ブログ2009

ゲリラ豪雨の後

手をつなぎ子らと仰いだ片空に積乱雲が見守つていた
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-24 22:19 | 短歌

045:幕(紫月雲)

夜でしたさようならばと幕切れの予行練習して身のすくむ
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-23 23:17 | 題詠ブログ2009

044:わさび(紫月雲)

さびしいわさびしいわって言えるならいいのだろうか男性諸君
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-23 22:06 | 題詠ブログ2009

043:係(紫月雲)

とらわれずでもひたむきに愛せよと少女は想う理想の関係
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-23 22:03 | 題詠ブログ2009

042:クリック(紫月雲)

じつとりと未練がましいこの部屋にクリック音の乾いた響き
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-23 21:53 | 題詠ブログ2009

041:越(紫月雲)

今日というかたまり越えてゆくそれを続けていればいつかは夜明け
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-22 20:37 | 題詠ブログ2009

040:すみれ(紫月雲)

鬱々とブルーの濃淡くぐり抜けすみれのような娘を得たり
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-22 20:19 | 題詠ブログ2009

039:広(紫月雲)

紛うことなき御業を見つけたり二重らせんを広げてみれば
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-21 18:38 | 題詠ブログ2009

おかえり

つかの間の喜び去ればひたひたと背中あわせの想いに出合う
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-21 02:30 | 短歌

いのち

ひと夏の虫のからだを集めたる小さき箱に死臭漂ふ
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-19 23:57 | 短歌

授乳

ごつそりと抜け落ちし吾が黒髪をなぜか忌むべきもののように見ゆ
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-18 02:03 | 短歌

夏休み最終日

透明であること願い懐に夏の形見の蝉の骸を
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-17 00:42 | 短歌

夏休み四日目

じいさまが資料の間に見え隠る終戦の日は徹夜となりて
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-16 06:34 | 短歌

038:→(紫月雲)

結局は同じことなのかもしれない→が分かつ二つの道も
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-15 13:06 | 題詠ブログ2009

037:藤(紫月雲)

車窓から飛び去っていく山藤を目に焼きつける君黙っていて
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-14 23:46 | 題詠ブログ2009

天命

惜しみなく与え続けよ何を?白をモラトリアムマザーの笑みを
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-14 23:22 | 短歌

夏休み三日目

メールにて「今から本番」祈りつつ海の向こうのあなたに触れる
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-14 22:32 | 短歌

夏休み二日目

働くといふことそれはシンプルで実存的な欲求と知る
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-14 01:23 | 短歌

夏休み一日目

ぼうやりと三十一文字を考えるレジャーランドのど真ん中にて
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-13 00:54 | 短歌

記憶

風鈴の音に思い出す縁側の無垢な午睡ありし日のこと
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-07-29 02:16 | 短歌

空き地

疼くよな心地悪さよ向日葵の一つ目玉に見据えられて
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-07-28 22:22 | 短歌

L'ame aussi,si elle veut se reconnaitre, devra regarder une ame (Platon)
by murasakitsukumo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りリンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧