résumé 1970-2016

天高し

天高し煌めく富士のてつぺんを覗こうとして背筋の伸びる
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-27 22:25 | 短歌

080:午後(紫月雲)

秋深し鏡に顔を写す間もなくてやさしい午後の陰影
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-27 22:22 | 題詠ブログ2009

079:恥(紫月雲)

恥じらいて祈らぬよりもいまただに透明になり跪きたし
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-26 22:10 | 題詠ブログ2009

078:アンコール(紫月雲)

アンコールの残響のなか手を握る取り残された子どものように
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-26 15:17 | 題詠ブログ2009

077:屑(紫月雲)

ひつそりと背なの窪みに触れたくて歌屑うたうよエゴイスティックに
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-26 13:36 | 題詠ブログ2009

076:住(紫月雲)

住み慣れることなき街のきれぎれの空に数える星ぼしの影
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-26 13:28 | 題詠ブログ2009

075:おまけ(紫月雲)

家族という境界線を確かめて走る走るよおまけのチョロQ
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-25 01:36 | 題詠ブログ2009

074:肩(紫月雲)

なで肩のシルエットさも淋しげに還ってゆけり夕陽の中へ
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-25 01:23 | 題詠ブログ2009

073:マスク(紫月雲)

ほんとうは微笑んでいたい暫くは隠していようマスクの下に
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-25 01:20 | 題詠ブログ2009

乗り越えてゆく

あり得ないことを静かな日常にしてみて愉快マグリットのごと
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-24 01:24 | 短歌

072:瀬戸(紫月雲)

独り立つ深夜零時のキッチンに瀬戸物茶碗の音が溢れる
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-24 00:19 | 題詠ブログ2009

071:痩(紫月雲)

今日の午後スクランブル交差点ですれ違いしは痩せた死神
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-24 00:15 | 題詠ブログ2009

070:CD(紫月雲)

愛しものよ世界でひとつのCDの手書きの文字をなぞりてみれば
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-24 00:12 | 題詠ブログ2009

069:隅(紫月雲)

迷わずに歩を進めゆく日溜まりの隅の席にて詩が落ちてくる
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-24 00:07 | 題詠ブログ2009

068:秋刀魚(紫月雲)

掌に受けて確かな感触の秋刀魚の腹はひんやりとして
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-07 01:21 | 題詠ブログ2009

067:フルート(紫月雲)

秋深し破れたものを縫ふ糸はフルート協奏曲にしませう
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-10-03 00:46 | 題詠ブログ2009

066:角(紫月雲)

何もない直角の持つ頂をなぞれば愛しフェティシズムゆえ
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-23 23:01 | 題詠ブログ2009

065:選挙(紫月雲)

はじめての選挙のようなどことなく他人事のような今日が流れる
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-23 22:17 | 題詠ブログ2009

064:宮(紫月雲)

曼朱沙華のよに咲いて立つ女なら子宮でものなど考えないわ
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-23 01:41 | 題詠ブログ2009

063:ゆらり(紫月雲)

耐えがたい爆音ノイズを受け止めてゆらり脳髄が動いている
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-20 23:17 | 題詠ブログ2009

短歌点:息

逝く時のふつと一息吸つてのち何ひとつ吐くことのない口
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-20 23:13 | 短歌点

062:坂(紫月雲)

秋晴れの君の分厚い手をつなぎ登つてみたいなだらかな坂
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-18 22:41 | 題詠ブログ2009

061:ピンク(紫月雲)

いくつもの秋通り過ぎし存在の残したりけるピンクの傷跡
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-18 22:17 | 題詠ブログ2009

060:引退(紫月雲)

いまさらにハートの絵文字が波立たす柔なこころはそろそろ引退
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-09 01:07 | 題詠ブログ2009

059:済(紫月雲)

送信済みトレイに埋葬されている文字のいくつか雄弁に黙せり
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-06 22:29 | 題詠ブログ2009

058:魔法(紫月雲)

日常の共有といふ重みより重き我なる魔法などなし
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-02 23:17 | 題詠ブログ2009

057:縁(紫月雲)

ご縁とふ恵みに酔ひぬされどいま過酷と思ひ手あわせたり
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-02 23:10 | 題詠ブログ2009

056:アドレス(紫月雲)

潔癖なまでの純愛綴りおく送信先は架空のアドレス
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-09-02 23:02 | 題詠ブログ2009

五臓六腑

内臓の渇きて捧ぐ言霊は阻まれをりし真昼の月に
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-29 23:32 | 短歌

055:式(紫月雲)

われといふ方程式を解く君の硬き鉛筆の先は折れたり
[PR]



# by murasakitsukumo | 2009-08-29 23:20 | 題詠ブログ2009

L'ame aussi,si elle veut se reconnaitre, devra regarder une ame (Platon)
by murasakitsukumo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

お気に入りリンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧