résumé 1970-2016

カテゴリ:題詠ブログ2008( 102 )




完走報告(紫月雲)

二度目の挑戦でようやく完走することができました。
最後、残すところ数首となると、何だか走り終えるのが淋しいような気もしました。
じっくり推敲する余裕がなく、勢いで投稿した歌ばかりだったなぁと反省しきりですが、
数多く作歌することで自分の傾向や弱点と向き合えたように思います。
この体験を今後の歌作りに活かしていきたいです。

完走された皆様、お疲れ様でした。
これからは他の方のお歌をじっくり鑑賞させていただきます。
ありがとうございました。
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-10-04 00:55 | 題詠ブログ2008

100:おやすみ(紫月雲)

夢越しに毎夜毎夜と届けらる黙示はあらんおやすみの詩
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-10-04 00:45 | 題詠ブログ2008

099:勇(紫月雲)

恋ふればそれは罪ぞと諌められ勇み足とは哂われてをり
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-10-04 00:35 | 題詠ブログ2008

098:地下(紫月雲)

地下茎でつながっていた君と我POPLIFEを大事に抱きつ
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-10-04 00:24 | 題詠ブログ2008

097:訴(紫月雲)

天上で開放されているだろうか不定愁訴に殺められし友は
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-10-04 00:17 | 題詠ブログ2008

096:複(紫月雲)

横顔をいつまでも見ていたいから複複線でゆっくり走ろう
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-09-30 00:09 | 題詠ブログ2008

095:しっぽ(紫月雲)

幾たびと千切れてはまた生えてくるとかげのしっぽのようなわれなり
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-09-28 00:15 | 題詠ブログ2008

094:沈黙(紫月雲)

月ほどの沈黙ありて一分ののちに流れるものを愛せし
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-09-27 23:59 | 題詠ブログ2008

093:周(紫月雲)

「じゃあまたね」の「また」の周りをぐるぐると優柔にして曼珠沙華折る
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-09-27 23:55 | 題詠ブログ2008

092:生い立ち(紫月雲)

生い立ちを見守る幸を分け合いて我らは深き皺を刻めり
[PR]



by murasakitsukumo | 2008-09-26 01:31 | 題詠ブログ2008

L'ame aussi,si elle veut se reconnaitre, devra regarder une ame (Platon)
by murasakitsukumo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りリンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧