résumé 1970-2016

カテゴリ:短歌( 174 )




傷あと

夕焼の向こうに見える君の背の 薄紫にたわむ傷痕
[PR]



by murasakitsukumo | 2006-05-30 02:09 | 短歌

国内的異邦人感覚

車窓から見ている私は何処の誰 見知らぬ坂の見知らぬ人よ
[PR]



by murasakitsukumo | 2006-04-28 00:12 | 短歌

ワインの匂ひ

埃被る葡萄酒開くるは君の役 いつか来る日のそれはヴィンテージ 

跡残る我が指紋のみ透かしける ルビーの液体は君の血潮
[PR]



by murasakitsukumo | 2006-04-23 23:37 | 短歌

嵐のあとの葉桜

空に青 葉桜透けてゆく先の 我の睫毛に光降りたり

嵐去り鼓動痙攣も凪ぎゆきて 滑り込めるは青い闇かな
[PR]



by murasakitsukumo | 2006-04-21 01:17 | 短歌

L'ame aussi,si elle veut se reconnaitre, devra regarder une ame (Platon)
by murasakitsukumo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りリンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧