résumé 1970-2016

君に我我に君を照らす有明の月

魔酔のあなたを想うユフヅクヨ

記憶ぬり替えし小望月のジムノペディ

目醒ましに月を立待つ君の側

月喰らう艶かし肌の銀蛙

君が読む書物を照らす夕月夜

満ち足りて臓物を煮る小望月

視るでなく身体突き抜ける月もある

凍る狼かぶりつく喉に月と同じ痣
[PR]



by murasakitsukumo | 2006-02-12 19:15 | 俳句

L'ame aussi,si elle veut se reconnaitre, devra regarder une ame (Platon)
by murasakitsukumo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りリンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧